きれいステーション
桂の「美」の一口メモ
萩原かおりが贈る、美肌レシピ
アロマテラピー(芳香療法)
ビーズファッション


ガーデンデザイン
インテリア
器
NO MUSIC NO LIFE


プリザーブドフラワー
アートクレイシルバー
書藝を愉しむ
ベジタブルカービング



ベジタブルカービング  
vol.5 2006/2

皆さん、こんにちは。ベジタブルカービングとフィッシュスケールフラワーというタイの伝統工芸の教室、 『Carving Lab.』をやっております新木和代と申します。ベジタブルカービングは、野菜・果物・石鹸の彫刻です。ナイフ1本で花や動物に彫り上げていきます。フィッシュスケールフラワーは魚のうろこを染めて、1枚ずつ組み上げて花に仕上げていきます。手作りって大変というイメージがありますが、作品を作っていく過程を楽しみ、出来上がった作品を楽しみ、「毎日の自分の心と生活に彩り」を与えてくれます。たった1本のナイフから、たった一つの果物から、素敵な彫刻が出来上がります。作品のイメージ(頭)とそれを形にしていく体とナイフが一つになる瞬間があります。日本では、まだまだ珍しいベジタブルカービングとフィッシュスケールフラワー。この機会に是非、皆さまにご紹介させて頂きますね。
PHOTO
>> バックナンバー


 

今回はタイのお祭りをご紹介します。
お祭りといっても、「カービング」つながりといいますか、タイの国でも東北の方、ウボン・ラチャタニーという地域の「ろうそく祭り」・・・ろうそくをカービングしたお祭りをご紹介します。

タイでは、タイ王朝が仏教を手厚く保護してきたこともあって、国民の宗教選択は自由なのですが、総人口の95%が仏教徒です。そのため国民祝日も、王室や仏教にまつわる祝日が多いです。


この「ろうそく祭り」も仏教のまつわるお祭りです。 この地域にあるお寺が対抗で競うのですが、 2トンロングのトラックの荷台の大きさに、 ろうそくの彫刻を山盛り飾ったものが20数台集まり、 順に昼間はパレード、夜は広場でライトアップされます。

ふだんは、静かな田舎町ですが、このお祭りの期間はものすごい賑わいです。


ろうそくの彫刻には、色がオレンジで(文教色)大きな塊を彫っているもの、
もう一つは土台に型抜きした白っぽいろうそくを貼り付けているものの、二種類あります。


お寺のお坊さんや檀家さんの男性がろうそくを彫り、
ろうそくの周りを飾る、バナナの葉や蓮の花の飾りを女性が作ります。


現地にお祭りを見に行かれたとしても、なかなか目にすることができない 制作風景や道具の珍しい写真です。

野菜のカービングとは全く違いますね。
   

Copyright(C)2005 DAYLIGHT All rights reserved.