きれいステーション
桂の「美」の一口メモ
アロマテラピー(芳香療法)
ビーズファッション


ガーデンデザイン
インテリア
器
NO MUSIC NO LIFE


プリザーブドフラワー
アートクレイシルバー
書藝を愉しむ
ベジタブルカービング



書藝を愉しむ  
vol.9 2006/9

竹島・潤子(岡山県生れ)、奈良県在住

 
翠軒門下の中川雨亭に入門。読売書法展で『読売新聞社賞』受賞、 『日本の女流展』に出展、世界芸術文科振興協会『風車の書画展』にて 特賞受賞ほか、個展・グループ展はもとより、『和・書のある暮らし』を テーマに絵画や花、家具などとのコラボレーション活動を行う。 現在:読売書法会幹事・翠心会理事

母(堤春翠)の影響で『書』に親しむうちに鈴木翠軒の『書』と出会い深く感銘。翠軒門下の中川雨亭に入門し書壇に出品する傍ら、『書』も絵画やオブジェのように、身近に日常の中に生かされてないか、その可能性を考えながら創作活動を続けています。筆だからこそ表現できる心に響く「文字・言葉」を伝えていければと思っています。
>> バックナンバー


 

同類のものが相感応して集まるたとえ。
龍が現れると雲が湧き> 起こり、
虎がうそぶくと風が吹き始める。
君臣のよき出会いにもたとえられる。
天地万象より、監修者小尾郊一、
『新撰墨場必携』、中央公論社 昭和60年
   

Copyright(C)2006 DAYLIGHT All rights reserved.